2023/11/15よりくふうLIVE!はヨムーノに名称変更しました。

「実は車のドアに触れるの、超〜怖い」人!→【ダイソー】"着けるだけ"で放電!?110円でメリットありまくった件

  • 2024年02月16日更新

こんにちは!学生時代、なぜか常に静電気をまとう友人のあだ名が「ボルト」だった事が、数十年以上経過した今でも忘れられないヨムーノライターHIROTSUGUです。

車やドアを開ける瞬間など、バチっと発生する不愉快な冬の静電気。 そんな「痛っ」となる静電気に悩まされている方は、ダイソーのキーホルダーとブレスレッドで解決できるかもしれません!

冬場の静電気をまといやすいボルト君と同じ悩みを抱えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

手軽に持ち歩ける"静電気除去キーホルダー"

"静電気除去キーホルダー(税込110円)"は、手軽に静電気の除去ができる対策グッズ。指先で起きる放電をキーホルダーの先端で代わりに発生させ感電を解消します。

カラビナ付きなので、車のキーホルダーやカバンなどに引っ掛けて乗車前にサッと使えるのが魅力。放電すると中央のランプが赤く光り、静電気の除去を視覚的に知らせてくれます。

静電気を電源として点灯させるため、電池の入れ替えや充電の手間がない手軽さもメリットでしょう。

静電気除去キーホルダーの使い方と注意点は?

静電気除去キーホルダーの使い方は、車や扉の取手へ触れる前にキーホルダーに触れたり近づけたりするだけ。帯電している電気量が多い場合は、何回か連続でタッチして放電を行います。

実際に使用してみたところ、昼の明るい時間帯は若干光が見えにくいように感じました。

注意点として、扉を開く際には必ずキーホルダーを握った手でドアを開ける必要があります。反対側の手で取手に触れてしまうと、静電気除去の効果が無いため注意しましょう。

静電気除去キーホルダーは、光ると「おっ」と謎の達成感を感じて、不思議とクセになるのも魅力です。購入後はキーホルダーが光っていないかを、確認している自分がいました……!

ただし、本体で勢い良く車の取手に触れると塗装箇所を傷つけたり、乱暴に扱うと本体が割れたりする可能性があります。車に使用する際や鍵と一緒に取り付ける場合には、取り扱いにご注意下さい。

空気中に放電!"静電気軽減ブレスレット"

"静電気軽減ブレスレット ギンガム、ライト(110円税込)"は、装着しているだけで体に帯電した電気を放電できるグッズ。冬場は空気中の水分が少ないため、衣類に電気が溜まりやすい環境です。

静電気軽減ブレスレッドは電気が通りやすい特殊な繊維を編み込み、空気中に放電する原理により静電気の発生を軽減します。

使い方は、基本的に装着するだけ。

また、静電気軽減ブレスレッドは、先ほど紹介したキーホルダーのように車の取っ手へ近づけるのも効果的です。静電気除去キーホルダーと同様に、電源不要で利用できるのも嬉しいメリット。

ファッション感覚で付けられるのも魅力

静電気軽減ブレスレットは、裏表どちらでも使えます。表面のロゴが気になる方は、裏面でデザインを隠すことも可能です。

装着時にはアクセサリーのような使用感で、見た目がオシャレなのも◎。

ただし、放電効果はキーホルダーより薄いので、静電気除去キーホルダーとの併用がおすすめです。併用の際には、キーホルダーを握らない利き手の反対側の腕へ装着すると、より静電気対策として効果的でしょう。

不愉快な静電気には複数アイテムで徹底対策

110円で不愉快な静電気を防げるダイソーの静電気対策グッズは、電池や充電の残量を気にせず利用できます。

冬の期間だけ悩まされる方が多い静電気。手軽な価格帯で対策できるのもダイソーの静電気対策グッズの魅力です。

バチッと痛い静電気に悩まされている方は、ぜひ導入を検討してみてはいかがでしょうか?

※価格などの情報は記事公開当時のもので、変更となる場合があります。また店舗により在庫の状況も異なりますのでご了承ください。

この記事を書いた人
アウトドアと100均を愛するライター
HIROTSUGU

滞在費の安い海外で生活し、貯めた資金で「国内の築古不動産投資」に挑戦しているWebライター。100均グッズと最寄りのコンビニが便利すぎて、帰国時にはいつも感動しています!趣味はアウトドア全般。

100均 DIY コンビニ トライアル

こちらもどうぞ

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ