2023/11/15よりくふうLIVE!はヨムーノに名称変更しました。

もはやおかずは不要!?お肉や野菜が具沢山の「おかず味噌汁」があれば幸せ!

  • 2023年11月30日公開

ごはんが進む!おかず味噌汁5選

白菜と豚肉のとろたまキムチ味噌汁

キムチを味噌汁に入れて食べたことはありますか? キムチも味噌も同じ発酵食品なので相性ぴったり。ピリ辛の味わいがクセになるおいしさですよ。

こちらの「白菜と豚肉のとろたまキムチ味噌汁」は、木桶でみそをつくる信州の老舗みそ店「新田醸造」(@nitta_jozo)のレシピ。

豚肉のうまみとキムチの辛味が絶妙で、卵と一緒に食べるとマイルドになって二度おいしい!

体もぽかぽかと温まるので、寒い日にぜひどうぞ。

うまみたっぷり鯖缶のお味噌汁

味噌汁に鯖缶を使うと、アラ汁のようなうまみたっぷりの1杯に! 汁ごと使うことでだしの代わりにもなり、とても味わい深い仕上がりになります。

また、鯖にはオメガ3脂肪酸と呼ばれるEPAやDHAが豊富に含まれていて栄養も満点。

野菜は大根やにんじん、長ねぎのほか、季節のものを入れるのもおすすめです!

野菜たっぷり坦々豚汁

おかず味噌汁と聞いて、「豚汁」を思い浮かべる方も多いのでは?

豚肉とたっぷりの根菜類を合わせた豚汁は、おいしくて食べ応え抜群ですよね。ただ、いつも同じ味付けだとマンネリに感じることも。

そんなときは、豆板醤とごまをプラスして、坦々風な豚汁に変身させちゃいましょう!

ピリ辛ごま味噌風味が食欲をそそり、たっぷりの野菜もペロリと食べられちゃいますよ。

味噌バターコーン豚汁

豚バラ肉とたっぷりの野菜、コーンを煮込んで味噌を溶き、バターを入れたら出来上がり。

こちらの「味噌バターコーン豚汁」は、テレビで味噌バターコーンラーメン食べてる人を見たときに思いついたのだとか。

味噌×バターのコクとプチプチ食感の甘いコーンが絶妙なおいしさ。思わずラーメンを入れたくなってしまいそうですが、ごはんにもばっちり合います!

カレー味噌汁

子どもから大人までみんな大好きなカレーは、実は味噌汁とも相性抜群。

味噌を入れる際に、カレー粉も一緒に入れるだけで、味噌のコクとだしの香り、そしてカレーの風味がしっかりと感じられるおいしい味噌汁が完成しますよ。

具材は、豚肉やじゃがいも、にんじん、玉ねぎといったカレーの定番具材はもちろん、ねぎや豆腐など、和の食材を入れても合いそう。

カレーのスパイスには疲労回復や冷え性対策などの健康効果も期待できるので、風邪を引きやすくなるこれからの季節にはぴったりです!

お肉や野菜をたくさん入れて作ろう!

お肉は豚バラ肉や豚こま肉、鶏もも肉、鶏ささみのほか、鶏ひき肉を使って鶏団子を作るのもいいですね。

野菜は、にんじん、大根、ごぼう、かぶ、さつまいもなどの根菜がおすすめです。

具だくさんのおかず味噌汁があれば、あとはごはんと漬物を添えるだけで、おなかが満足できそう。

疲れている日や遅くなってしまった日のごはんにも、ぜひ取り入れてみてくださいね。

関連する記事
夏の冷え症対策は朝ごはんから!心と体を整える「朝スープ」のおいしいアレンジ
夏はやっぱりこれ!さっぱり涼やかでアレンジ自在、冷やし中華のおいしい楽しみ方
自作オイルで料理を楽しもう!あると便利な「ガーリックオイル」と「ハーブオイル」
この記事を書いた人
食卓アレンジメディア
おうちごはん

食卓アレンジメディア「おうちごはん」は、“いつもの「いただきます」を楽しく。”をコンセプトに、おうちでごはんを楽しむ方に向けて食卓を楽しくするアイデアや情報を発信しています。わくわくする楽しいおうちごはんで、みんなを笑顔に! みなさんの毎日の食卓をもっともっと彩り豊かなものにしていきたいと思っています。

こちらもどうぞ

人気記事ランキング 24時間PV集計
おうちごはん

特集記事

連載記事

こちらもどうぞ